機動戦士ガンダム U.C. ENGAGE

  • ガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)

    ガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)

    アナハイム・エレクトロニクス社(以下、AE社)が、地球連邦軍の『ガンダム開発計画』の追加プランとして開発した試作モビルスーツ。
    コードネームはエンゲージゼロ。
    AE社ではすでに、『ガンダム開発計画』の前段として試作0号機“ブロッサム”の開発が進められていたが、高性能な万能機というコンセプトに対する連邦軍の要求はあまりに高く、ブロッサムをフォローするという形で、様々なオプションプランも提案されていた。
    その中のひとつがエンゲージゼロであり、対モビルスーツ戦での強襲突撃を主眼としている。

    ガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)

  • エンゲージガンダム

    エンゲージガンダム

    史実においては、ガンダム試作0号機“ブロッサム”を元に開発が進められた『ガンダム開発計画』だが、もしもエンゲージゼロの技術が採用され、ブロッサムと双方の要素が融合(エンゲージ)した機体が完成していたら、という歴史上のIF機体。高性能な万能機を目指したブロッサムと、高機動戦闘を主眼に置いたエンゲージゼロの双方の特徴を取り入れる結果となり、汎用モビルスーツとしては非常に高い完成度を誇る。

    エンゲージガンダム

0079 ソロモンの悪夢

  • ガトー専用リック・ドム

    ガトー専用リック・ドム

    ジオン公国の宇宙用量産型MSで、陸戦用重MS「ドム」のホバー機能をスラスターに、脚部のエンジンを熱核ロケット式に換装する事で宇宙用に改修した機体。中でも一部のリック・ドムは、MS携行式のビーム兵器運用試験の為、ジェネレーターが強化された上で、試作品であるMAの高出力ビーム砲を転用した「ビーム・バズーカ」と呼ばれるビーム兵器を持たせた機体が存在するが、この兵器の実戦運用においては冷却面などの不安要素が多く、さらに大量生産も不可能だった事にから、ごく一部のベテランパイロットのみに配備された。本機はその内の1機で、MS全体を「ソロモンの悪夢」の異名を持つ「アナベル・ガトー」のパーソナルカラーに変更した専用機となっている。

    ガトー専用リック・ドム 01

    ガトー専用リック・ドム 02

  • マツナガ専用高機動型ザクⅡ

    マツナガ専用高機動型ザクⅡ

    ジオン公国軍の宇宙用試作型MS。高機動型ザクⅡの初期型を「白狼」シン・マツナガの専用機としてチューンした機体である。マツナガが大戦前半に上げた戦功に対して与えられたもので、彼のパーソナルカラーである白系統の塗装が施されている。

    マツナガ専用高機動型ザクⅡ 01

    マツナガ専用高機動型ザクⅡ 02

機動戦士ムーンガンダム

  • バルギル(ガンダムヘッド)

    バルギル(ガンダムヘッド)

    バルギルの頭部を、サイコミュを搭載したガンダムヘッドと換装したモビルスーツ。
    バルギルのサイコミュとオーバーライドすることによってムーン・ムーンに突き刺さるサイコプレートが使用可能となった。
    パイロットのユッタ・カーシムの意思を反映するかのように起動するサイコプレートは突進による格闘武器として使用することができる。

    バルギル(ガンダムヘッド) 01

    バルギル(ガンダムヘッド) 02

0079 ジブラルタル

  • ガンダム(THE ORIGIN)

    ガンダム(THE ORIGIN)

    テム・レイ博士を中心とした新型モビルスーツ開発プロジェクト「RX-78計画」で誕生した白兵戦用モビルスーツ。サイド7で開発された2号機に当たる本機はジオンの主力兵器ザクⅡをはるかに上回り、試作機でありながら数多くの敵機を撃墜する。

    ガンダム(THE ORIGIN) 01

    ガンダム(THE ORIGIN) 02

  • シャア専用ザクⅡ(THE ORIGIN)

    シャア専用ザクⅡ(THE ORIGIN)

    『赤い彗星』の異名を持つシャア・アズナブルの専用機。
    基本構造は一般のザクⅡと同じであるが、シャア本人のオーダーによる改良で赤く塗られたボディと指揮官機であることを示すマルチ・ブレード・アンテナを搭載。そしてリミッターの解除によって一般機の30%増しの推進力を得ることができ、高推力を駆使した一撃離脱の戦闘を行う。
    サイド7宙域にてガンダムと交戦して以来、再三ホワイトベース隊との激闘を繰り広げる。

    シャア専用ザクⅡ(THE ORIGIN) 01

    シャア専用ザクⅡ(THE ORIGIN) 02